保険の相談を行う

銀行の運用相談の窓口で保険相談ができます

銀行の運用相談の窓口では、運用商品の一つとして保険商品を取り扱っていますので、保険相談をすることができます。銀行預金よりも長期の運用商品として保険商品の品揃えをしていますので、当面は利用する予定のない余裕資金の運用で銀行に保険相談をすることが有効です。代表的な商品は保険料を一時払いする終身保険です。終身保険ですので満期はありません。被保険者が死亡した時点で保険金が支払われますが、その金額は一時払いした保険料を少し上回る程度です。したがって、保障の意味よりも運用の意味が強く、契約から10年程度の期間が経過すれば、銀行預金よりも高い利回りが確定します。契約から短期間で解約すると元本割れすることもありますので、長期運用商品になります。

多くの金融商品との比較ができる点で銀行は人気があります

保険相談において銀行の窓口の人気が高いのは、他の金融商品と比較して説明を受けられるからです。保険料一時払いの終身保険であれば、定期預金と運用期間に応じた利回りの差を明示した説明が受けられます。元本のリスクを取っても積極的に運用をしたいのであれば、投資信託と変額個人年金保険を比較した説明を受けられます。変額個人年金保険は投資信託を内包した商品ですが、商品性には投資信託と似ている点と異なる点とがありますので、それを比較して検討することができます。銀行の窓口で保険相談をする人が増加しているのはこのような背景があるからです。銀行も運用相談業務に力を入れていますので、保険商品の品揃えもますます充実するようになっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加