情報に精通している

銀行の特定の店舗で保険相談を専門的に行っています

銀行でも保険商品を取り扱っていますが、商品によっては内容が複雑なものもあり、そのような商品の保険相談は一部の店舗に専門の窓口を設置して対応しています。運用系の保険商品は銀行員にも馴染みがあって簡単に理解できるのですが、保障性の保険商品は銀行員には馴染みがありませんので、専門の教育を受けた行員が対応しています。運用系の商品の保険相談は全ての店舗で行って、保障性の商品の保険相談は特定の店舗で行うという銀行が少なくありません。銀行によっては、保険会社から出向者を受け入れたり、保険会社から中途採用で人材を確保したりしているところもあります。このような専門の窓口には保険に精通したスタッフがいますので安心して保険相談ができます。

銀行は10社以上の保険会社の商品を扱っています

銀行の保険相談専門の窓口では無料で保険診断を行っています。これは、既存の契約の内容を診断するものであって、保障性の保険商品は複雑なものも少なくありませんので、専門のスタッフが契約内容を分かりやすく説明してくれます。その結果として、不足している保障があれば追加契約の提案をしてくれますが、多くの銀行では10社以上の保険会社の商品を取り扱っており、その中で最適なものの提案を受けられます。銀行は保険の契約を締結すれば保険会社から販売手数料を受け取ることになりますが、販売手数料が高い商品を顧客の意向に沿わない状態で提案するようなことは法令で厳しく禁止されていますので、安心して提案を受けることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加