負担をなくす

新郎新婦は結婚式に招いたゲストに対して、お礼の気持ちを込めた引き出物を渡すことになります。しかし、この引き出物に関しては、選び方や費用の面で悩むケースが多いといいます。そのため少しでも負担をなくせるような引き出物に注目が集まっています。

引き出物を選ぶときの問題点・悩みランキング

ウーマン
no.1

費用がかかる

現物自体の費用はもちろんですが、式場によっては持ち込み料が発生したり、袋などラッピングに費用が高くかかったりするため、かなり予算が大きくなるケースが目立ちます。

no.2

中身について意見が合わない

ギフト選びについて新郎新婦の意見だけではなく、両家の両親の意見も参考にする必要が出てくる場合もあります。そうした場合はとくになかなかセンスや希望が合わずに難航するといいます。

no.3

ゲストの年齢層やタイプがバラバラ

迎える招待客の数や年齢、趣味嗜好なども把握した上で最適なアイテムを探していくことが重要です。ご祝儀もゲストによって変わってきますので、想定しながら失礼のないように選んでいかなければなりません。

no.4

喜ばれるアイテムがわからない

親交が少ない招待客であれば、どのようなギフトが嬉しいのかといったことがわかりません。少しでも相手に喜んでもらえるギフトを調べたりしてしっかりと検討していくことが重要です。

no.5

準備に時間がかかる

相手にピッタリな引き出物を一つ一つ探し当てていたら、相当な時間と手間がかかってきます。ある程度は妥協をしながら、限りある準備時間を有効活用していく必要もあるでしょう。インターネットを使って効率性を上げることも大切です。

引き出物の選び方の極意~お得にベストなギフトをチョイス!~

ギフト

双方に良い品を

引き出物選びは、新郎新婦にとっても、ゲストにとってもメリットがある物を選んでいくとスムーズに進みます。最近では、重くて持ち運びが不便な引き出物を結婚式当日に贈るよりも、自宅まで配送しておくという方法が人気です。宅配便サービスを使えば、式場への持ち込み料も発生しません。またゲストも当日は身軽に帰宅ができますので、双方にとって利点があるといえます。

風呂敷

好きな物を選ぶ

また中身については、双方からカタログギフトが支持されています。カタログギフトは内祝いや香典返しなどでも幅広く利用されていますので、メモリアル的な意味合いはやや薄いかもしれません。しかし、もらう方は自分の本当に欲しいと思う品を選ぶことができます。贈る側からしても、特別な引き出物を時間をかけて探して手配するという手間が省けますので、とても合理的なアイテムだといえるでしょう。

理にかなったギフト

予算や合理性などの面から、贈る方ともらう方のそれぞれに利点がある引き出物が選ばれています。カタログギフトや宅配便サービスを利用するなど、双方にとって良い引き出物を選ぶと良いでしょう。

広告募集中