無料で相談できる

保険相談は無料でできるのが一般的です

保険相談は無料でできるのが一般的であって、有料の場合はほとんどありません。大手の総合保険代理店では、企業の保険相談を有料で実施して、コンサルティングフィーを取ることもありますが、これは損害保険の保険料の削減が実現できた場合の成功報酬であって、個人向けの保険相談を有料で実施するケースはほとんどありません。多くの保険代理店や銀行の窓口で保険相談に応じており、専門のアドバイザーを配置していることが多いです。無料で保険相談に応じて、顧客のニーズを把握することで、保険の営業につなげることが目的です。ただし、既存の契約内容を確認した結果、十分な内容であれば、新たな契約締結にはならないケースも当然のことながらあり得ます。

必要に応じて保険の見直しも実施できます

既存の契約の保険証券を窓口に持参して保険相談をするのが得策です。保険証券を専門のスタッフが見れば契約内容が把握できるからです。それに加えて、契約時点の設計書もあると更に細かい内容が分かります。保険証券から契約の一覧表を作成して、保障内容に不足があれば、追加での加入を検討します。逆に、保障が重複していたり、過剰であったりすると保険の見直しをして、保険料を節約できることもあります。保険業法が改正されて顧客保護が強化されていますので、保険相談をしたからと言って、強引に無用な保険契約を勧誘されるようなことはありませんから、安心して相談できます。複数の保険代理店や銀行に相談してセカンドオピニオンを得るのも有効です。

このエントリーをはてなブックマークに追加